若ハゲと紫外線

AGAと紫外線

紫外線が体に良くないことは、最近浸透してきました。以前よりも、UVカットということが意識されるようになっています。美容上、お肌に悪いだけでなく、皮膚がんの原因になるとまで言われています。女性の中には、完全防備で外出される方も増えてきているようです。

 

実は、AGA対策としても、この紫外線予防は、大事です。紫外線を長時間浴び続けると、頭皮を守る役割をするキューティクルが剥がれる恐れがあります。また、頭皮の温度を下げてしまうために、髪が生えづらい状態になり、AGAが進行してしまう恐れもあります。

 

したがって、AGAが気になる人は長時間紫外線を浴び続けるのは禁物なのです。

 

朝シャンが若い人に多く見られるようですが、朝シャンをして髪が完全に乾いていない状態のまま外出をすると、紫外線の影響をもろに受けてしまいます。

 

紫外線対策としても朝シャンは避けるべきです。

 

紫外線を防ぐために、帽子などを被ったり、日傘をさして外出をする必要があります。

 

ただし、この帽子というのも注意が必要です。通気性の悪い帽子を被り続けていると頭皮が蒸れるからです。若ハゲ対策には逆効果です。

 

AGA対策に帽子を被る際は、通気性の良いつばの広い帽子を被り、日のあたらない場所ではときどき帽子をぬいで頭皮の蒸れを防ぐとよいでしょう。

 

男性の場合は、日傘はあまり差しませんが、AGA対策には、UV加工された日傘を選ぶ必要があります。

 

冬や曇りの日でも紫外線というのは差していますから、常日頃からのAGA対策としての紫外線の予防を怠らないように心がけたいですね。