AGA その予防と対策

AGA予防と生活習慣

AGA・若ハゲ予防と生活習慣には深い関係があります。

 

AGA・若ハゲを予防するためには、正しい生活習慣を維持することが重要です。

 

●飲酒の習慣
過度の飲酒は、発毛に悪影響を及ぼします。飲酒そのものが髪によくないわけではありませんが、酒量が一定量を超えると血液循環が悪くなります。

 

さらにお酒を飲みすぎると肝臓を酷使することになります。すると髪の毛を構成するたんぱく質の作られる量が減ってしまいます。頭皮の健康のためにもお酒の飲み過ぎはほどほどにしましょう。

 

●喫煙の習慣
タバコの吸い過ぎも発毛によくありません。喫煙そのものが髪へ及ぼす影響は科学的に実証されてはいませんが、タバコの吸いすぎが血管を収縮させることはご存知でしょう。血管が収縮すると新しい髪を作るための栄養が行き渡らなくなるので、毛髪にとってはいいことではありません。

 

●睡眠の習慣
毛髪にとって睡眠不足は悪い影響を及ぼします。逆に午後10時〜深夜2時ごろにぐっすり眠ると、末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になるので、これは毛髪にとって大変良い生活習慣だといえます。髪は夜によく成長するからです。

 

●精神的ストレス
現代はストレス社会と言われていますが、過度のストレスは血管の収縮をさせ、脱毛の原因になってしまいます。また血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因となりますので、ストレスは発毛にとってよくないものです。どんな形でもいいので普段の生活習慣でストレスを発散させることが発毛のためにいい方法です。

 

その他、バランスの取れた食生活がいいことは言うまでもありません。髪の毛に良い栄養分を十分にとってください。

 

育毛用のサプリメントで補うことも効果的です。